スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2~3カ月大丈夫」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在し、6月2日に帰還する予定の野口聡一宇宙飛行士(45)が23日、ISSとドッキング中のスペースシャトル「アトランティス」の乗組員らと共に記者会見した。宇宙では最後の会見で、5カ月間の宇宙生活を「終わってみればあっという間だった」などと振り返った。

【写真特集】野口宇宙飛行士:サンタ姿でISS入り…長期滞在スタート

 野口さんは昨年12月21日、ロシアのソユーズ宇宙船で飛び立ち、同23日にISSに移った。この日はISS滞在152日目。日本人宇宙飛行士としては最長だ。

 会見で体調を尋ねられた野口さんは「体調は非常に良く、生活は快適。あと2~3カ月いても大丈夫と思う」と笑顔で報告。「帰ったら、まずは温泉でのんびり一杯、といきたいところですが、家族の待つヒューストン(米テキサス州)に戻り、ゆっくり過ごしたい」と語った。

 印象に残っていることとして、3月に小型のロボットアームを日本実験棟「きぼう」から船外に出し、設置したことを挙げ、「『きぼう』の基本的な機能が完成した場面に立ち会えたのが一番うれしい」と述べた。【須田桃子】

【関連ニュース】
【写真特集】日本の主な宇宙開発
【オーロラの写真も】野口聡一飛行士:宇宙からオーロラ撮影
【写真特集】野口聡一さん:和服で書き初め ISSで正月行事
【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

支持率低いのはマスコミのせい 菅発言が示す「政権末期症状」(J-CASTニュース)
普天間問題、野党は総辞職・首相退陣求める(読売新聞)
暴力団 コンビニ標的に用心棒代…資金難で新手法(毎日新聞)
特産種牛「疎開作戦」…分散管理、全国に拡大(読売新聞)
民放教育番組事業など「廃止」=公益法人仕分け1日目―刷新会議(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。